ラツィオがビグリアを獲得

昨季のコッパイタリアを制したSSラツィオが、アルゼンチン人MFルーカス・ビグリアをRSCアンデルレヒトから獲得。さらに10代の若手DFヨシップ・エレズとも契約を交わした。

母国アルゼンチンを離れて以来、アンデルレヒトでプレーしてきたルーカス・ビグリア
母国アルゼンチンを離れて以来、アンデルレヒトでプレーしてきたルーカス・ビグリア ©Getty Images

昨季のコッパイタリアを制し、新シーズンのUEFAヨーロッパリーグに出場するSSラツィオが、アルゼンチン代表MFルーカス・ビグリアをRSCアンデルレヒトから獲得した。

契約期間は5年。移籍金は800万ユーロ(約10億5500万円)前後と見られている。アルゼンチン代表として11試合に出場し、CAインデペンディエンテでもプレーしていた27歳の司令塔は、2006年に母国を離れてアンデルレヒトに加入。昨季はベルギー1部リーグで通算4度目の優勝を果たした。

さらにラツィオは、19歳のクロアチア人DFヨシップ・エレズをHNKハイデュク・スプリトから獲得した。契約期間は同じく5年で、移籍金額は公表されていない。

Top