ドイツ、若手4人を含む暫定メンバーを発表

ドイツが27人のUEFA EURO 2016暫定メンバー27名を発表。中盤ではユリアン・ブラント、レロイ・ザネ、ユリアン・バイグル、ヨシュア・キミッヒという、4人合計でこれまでのキャップがわずか1というフレッシュなメンバーが選ばれた。

これまでA代表1キャップながらEURO暫定メンバー入りしたレロイ・ザネ
これまでA代表1キャップながらEURO暫定メンバー入りしたレロイ・ザネ ©Getty Images

ドイツが27名のUEFA EURO 2016暫定メンバーを発表。中盤でユリアン・ブラント、レロイ・ザネ、ユリアン・バイグル、ヨシュア・キミッヒの4人が選ばれたことが最大のサプライズとなった。

これらの4選手は21歳のキミッヒ以外は全員20歳で、これまでにA代表歴を持つのはザネのみというというフレッシュな顔ぶれだ。ベルリンのフランス大使館でメンバーを発表したヨアヒム・レーブ監督は「彼らには以前からずっと注目していた」と、今回の選考に至る経緯を説明した。「ザネにはたぐいまれなスピードがあり、バイグルはBVB(ドルトムント)で活躍している。キミッヒは幅広いポジションに対応でき、ブラントはスキルとスピードを兼ね備えている」

ドイツのEUROスター候補:トーマス・ミュラー
ドイツのEUROスター候補:トーマス・ミュラー

また、負傷中の主将バスティアン・シュバインシュタイガーもメンバー入りを果たした。これについては、レーブ監督は次のようにコメントしている。「まだケガは完治していないが、ランニングができるまでに回復した。復帰時期については今後見極めていく必要がある。(EURO開幕までに)間に合わない場合は、誰に主将を任せるか判断しなければならない。完全に回復すれば、我々にとって重要な選手になるはずだ」

ドイツ代表チームはスイス南部の町アスコナに5月24日から6月3日まで滞在し、本大会に向けた準備の大半をここで行う。5月29日にはアウクスブルクでスロバキアと親善試合を行い、その後メンバーは最終の23名に絞られる。さらにUEFA EURO 2016を控えた最後のウォーミングアップとして、6月4日にゲルゼンキルヘンでハンガリーと親善試合を実施し、2日間の休みを経て、7日にEUROキャンプ地のエビアン・レ・バンへ向かう。

ドイツのUEFA EURO 2016暫定メンバー
GK:マヌエル・ノイアー(バイエルン)、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)、ベルント・レノ(レバークーゼン)

DF:ジェローム・ボアテング(バイエルン)、ヨナス・ヘクトル(ケルン)、マッツ・フンメルス(ドルトムント)、ベネディクト・ヘーベデス(シャルケ)、シュコドラン・ムスタフィ(バレンシア)、エムレ・ジャン(リバプール)、セバスティアン・ルディー(ホッフェンハイム)、アントニオ・リュディガー(ローマ)

ドイツの予選ベストゴール5選
ドイツの予選ベストゴール5選

MF:サミ・ケディラ(ユベントス)、トニ・クロース(レアル・マドリー)、メスート・エジル(アーセナル)、マルコ・ロイス(ドルトムント)、ユリアン・ドラクスラー(ボルフスブルク)、カリム・ベララビ(レバークーゼン)、バスティアン・シュバインシュタイガー(マンチェスター・ユナイテッド)、ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)、ユリアン・ブラント(レバークーゼン)、ユリアン・バイグル(ドルトムント)、レロイ・ザネ(シャルケ)

FW:ルーカス・ポドルスキ(ガラタサライ)、トーマス・ミュラー(バイエルン)、マリオ・ゴメス(ベシクタシュ)、マリオ・ゲッツェ(バイエルン)、アンドレ・シュールレ(ボルフスブルク)

ドイツのグループC試合日程
6月12日: ドイツ vs ウクライナ(リール・メトロポール)
6月16日: ドイツ vs ポーランド(サンドニ)
6月21日: 北アイルランド vs ドイツ(パリ)

Top