北アイルランドが最終メンバーを発表

北アイルランドがUEFA EURO 2016本大会に臨む最終メンバー23名を、世界遺産にも選ばれている同国の名所ジャイアンツ・コーズウェーで発表。ウィル・グリッグ、リー・ホドソンがメンバー入りを果たした。

27日のベルファストでの親善試合のあと観衆に激励を受けた北アイルランド代表チーム
27日のベルファストでの親善試合のあと観衆に激励を受けた北アイルランド代表チーム ©Getty Images
北アイルランドの予選ベストゴール5選
北アイルランドの予選ベストゴール5選

北アイルランドのUEFA EURO 2016メンバー
GK:マヌス(セント・ジョンストン)、マクガバン(ハミルトン)、キャロル(ノッツ・カウンティー)

DF:キャ スカート(ワトフォード)、J・エバンス(ウェスト・ブロム)、マコーリー(ウェスト・ブロム)、マクカラフ(ドンカスター)、マクラフィン(フリート ウッド)、ホドソン(MKドンズ)、ヒューズ(メルボルン・シティー)、マクナイア(マンチェスター・ユナイテッド)、ベアード(ダービー・カウン ティー)

MF:デイビス(サウサンプトン)、ノルウッド(レディング)C エバンス、(ブラックバーン・ローバーズ)、ファーガソン(ミルウォール)、ダラス(リーズ・ユナイテッド)、マクギン(アバディーン)、ウォード(ノッティンガム・フォレスト)

FW:K・ラファーティー(ノーリッチ シティー)、ワシントン(QPR)、メイジェニス(キルマーノック)、グリッグ(ウィガン・アスレティック)

北アイルランドのマイケル・オニール監督が、UEFA EURO 2016本大会に臨む最終メンバー23名を発表。ウィガンのストライカー、ウィル・グリッグとMKドンズのSBリー・ホドソンがメンバーに入った。

27日に行われたベラルーシとの親善試合でもゴールを決めて3-0での勝利に貢献したグリッグは、リアム・ボイス、ビリー・マッケイといったストライカーを退けて最終メンバー入りを果たした。一方のホドソンもマイケル・スミス、ダニエル・ラファーティーら他のSBを抑えてフランス行きの切符をつかんでいる。

ボイス、マッケイ、スミス、ラファーティーに加え、MFのベン・リーブスが28名の暫定メンバーから外れた。オニール監督は25日の段階で選手たちに1986年以来の主要国際大会に臨む最終メンバー入りの当落を伝えていたという。

28 日にベルファストで2行われた最終メンバー発表の席上で、オニール監督は「ウィル・グリッグとリアム・ボイスのどちらかを選ぶのは難しい選択だった」と 語った。「ウィルはこれまで、ゴールを量産してる。チームでも28ゴールを決めて昇格に貢献した。難しかったとはいえ、正しい決断だったと考えている」

北アイルランドのグループC試合日程
6月12日:ポーランド vs 北アイルランド、ニース
6月16日:ウクライナ vs 北アイルランド、リヨン
6月21日:北アイルランド vs ドイツ、パリ

Top