新星ジンチェンコがウクライナの最終メンバー入り

週末の親善試合でウクライナ代表の歴代最年少得点者となったオレクサンドル・ジンチェンコが、UEFA EURO 2016に向けた同国の最終メンバー入り。その一方でベテランのオレグ・グセフは落選となった。

ルーマニア戦でウクライナ代表の歴代最年少スコアラーとなったオレクサンドル・ジンチェンコ
ルーマニア戦でウクライナ代表の歴代最年少スコアラーとなったオレクサンドル・ジンチェンコ ©AFP/Getty Images

ウクライナのUEFA EURO 2016最終メンバー
GKデニス・ボイコ(ベシクタシュ)、アンドリー・ピアトフ(シャフタール・ドネツク)、ニキータ・シェフチェンコ(ゾリャ・ルハンシク)

DFアルテム・フェデツキー(ドニエプル・ドニエプロペトロフスク)、イェブヘン・カチェリディ(ディナモ・キエフ)、オレクサンドル・クチェル(シャフタール・ドネツク)、ヤロスラフ・ラキツキー(シャフタール・ドネツク)、ビアチェスラフ・シェフチュク(シャフタール・ドネツク)、ボグダン・ブツコ(アムカル・ペルミ)

MFルスラン・ロタン(ドニエプル・ドニエプロペトロフスク)、セルゲイ・リバルカ(ディナモ・キエフ)、デニス・ガルマシュ(ディナモ・キエフ)、セルゲイ・シドルチュク(ディナモ・キエフ)、アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ)、イェブヘン・コノプリャンカ(セビージャ)、アナトリー・ティモシュチュク(カイラト・アルマトイ)、タラス・ステパネンコ(シャフタール・ドネツク)、ビクトル・コバレンコ(シャフタール・ドネツク)、オレクサンドル・ジンチェンコ(ウファ)、オレクサンドル・カラバイェフ(ゾリャ・ルハンシク)

FW:ロマン・ゾズリャ(ドニエプル・ドニエプロペトロフスク)、ピリプ・ブドキフスキー(ゾリャ・ルハンシク)、イェブヘン・セレズニオフ(シャフタール・ドネツク)

ウクライナ:予選ベストゴール5選
ウクライナ:予選ベストゴール5選

29日のルーマニア戦で見事なパフォーマンスを見せた万能型のMFオレクサンドル・ジンチェンコが、UEFA EURO 2016に向けたウクライナの最終メンバーに残った。

ミハイロ・フォメンコ監督率いるウクライナがトリノで4-3と勝利した試合で、ジンチェンコはスコアを2-1とするゴールをマーク。これにより、まだ代表2試合目だったこのウファのMFは、19歳214日でウクライナ代表の歴代最年少スコアラーとなった。

EUROスター候補:アンドリー・ヤルモレンコ
EUROスター候補:アンドリー・ヤルモレンコ

「我々は(右SBの)ボグダン・ブツコとオレクサンドル・ジンチェンコにずっと注目していた」とフォメンコ監督は予想外の選出となったこの2選手について話した。「2人ともルーマニアとの親善試合で期待に応えてくれた。彼らが加わることでチームはさらに強くなるはずだ」

その一方で、代表98キャップを刻んでいるMFオレグ・グセフとFWアルテム・クラベツは、コンディションの問題で落選となった。ゾリャ・ルハンシクのコンビ、ミキータ・カメニウカとイバン・ペトリアク、さらにマクシム・マリシェフとイェブヘン・シャコフも、5月19日に発表されていた暫定メンバーから外れている。

ウクライナのグループC試合日程
6月12日:
ドイツ vs ウクライナ(リール)
6月16日:ウクライナ vs 北アイルランド(リヨン)
6月21日:ウクライナ vs ポーランド(マルセイユ)

Top